借地、借地人、借地権とは?それぞれの用語を徹底解説!

  • HOME »
  • 借地、借地人、借地権とは?それぞれの用語を徹底解説!

自宅を購入しようと考えておられる方の中には、借地権付き建物と言う用語を聞かれた事のある方も多い事でしょう。

今回は借地権付き建物、それにまつわる借地、借地人、借地権等について解説していきたいと思います。

借地とは?借地人とは?法律を元に解説!

まず最初に、借地、借地人とはどういったものなのか説明していきます。

借地を解説

「借地」とは、土地を借りる行為、またはその借りた土地を指します。

具体的には、自宅を建てるために借りた建築用地がこれに当たります。

借地人を解説

「借地人」とは、「借地権者」とも呼ばれます。土地を借りた借主を指す用語です。

具体的には、地主A氏から、建築用地を借りたB氏が借地人に該当します。

借地を利用する事で、建築用地を購入する場合よりも、安く土地の利用権を得る事ができます。

借地権とは?法律を元に解説!

「借地権」とは他者から土地を借り受ける権利で、以下の2つがあります。

①民法上の借地権

土地を借り受けますが、建物の所有は目的としない案件です。資材置場や月極駐車場等。

②借地借家法上の借地権

建物の所有を目的とする案件です。他者から土地を借り受け、その土地に建物を建てて、建てた建物の所有権を得られる権利です。

以下の2つがあります。

①地上権

建物の登記を借地人が望む場合、地主はこれに応じる必要があります。

借地人が建物を譲渡や売却する際には地主の承諾は不要です。

②土地賃借権

以下の場合、借地人は地主の承諾を得る必要があります。

・借地上の建物の登記
・借地上の建物の売却、譲渡
・借地上の建物の増改築、建て替え

借地借家法上の借地権が、一般的に借地権と呼ばれるものとなります。

借地人は、借り受けた土地の上に建物を建てる権利がありますが、地上権の有無によって建物の登記、譲渡、売却の際に地主の承諾が必要となりますので注意が必要です。

PAGETOP